ヒラファグサの紹介

ヒラファグサの紹介

ヒラファグサ


ヒラファグサとは沖縄の方言で「オオバコ」のことです。

地区によっては、ヒラハグサ、ヒラフグサ、ワシグサ、ナーグサ…まだまだ言い方があるようですが、ここでは「ヒラファグサ」の呼び名で書いていきたいと思います。

日本全土に分布しており、身近な植物のひとつです。

 

植物に興味のなかった私でも知っていた植物なので、知らない人は少ないでしょうと勝手に思っていますが、よくある雑草のひとつです。

葉っぱが平たいから「ヒラファグサ」と呼ぶようになったと思うのですが、同じ沖縄本島内でも北部、中部、南部でずいぶんと方言が違うので、同じ植物でもまったく聞きなれない名前で呼ばれているのも面白いです。


効能:個人的ランキングベスト3

1位 眼病予防に!

2位 糖尿病、肝臓病、腎臓病の予防に!

3位 皮膚化膿症に!


スポンサードリンク

わたしは幼い頃から眼鏡を掛けているので、目に効果があるものを知ると興味が沸いてきます。

種子を煎じて服用するとよいとされています。

眼病、緑内障、視力減退、痛み、充血、腫れなどに効果があるようです。

 

ハーブに興味がない以前は、ローズヒップとかブルーベリーなど定番の物しか知りませんでしたが、足で踏みつけていたあのヒラファグサにも効能があるだなんて驚きです!

ちゃんと足元を見て自然を大切にしていけば、ハーブがもっと身近になるのかもしれませんね。

 

種子を煎じて飲むと眼病以外にも、糖尿病、肝臓病、腎臓病の予防や、急性尿道炎、膀胱炎、排尿困難などにも効果があります。

 

そして化膿止めとしても利用でき、生の葉を火であぶり、よくもんで柔らかくして患部にはると一晩で膿が出て、数日続けると治ると言われています。

根を煎じて飲むことで咳や痰切り、腹痛に効果があるすぐれものです。

 

日本のオオバコではないようですが、プランダゴ・オバタという種類のオオバコの種子を利用したダイエットサポートの商品が開発されていて、健康食+ダイエット食としても注目されているようです。

なにやら水を含むと何十倍にも膨らんで満腹感を得られるとか。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク