タンププ(タンポポ)はたくさんの効能があふれている最強の野草だった!

タンププ(タンポポ)はたくさんの効能があふれている最強の野草だった!

タンププ


タンププ。ププって音が個人的には好きです。

タンポポ(セイヨウタンポポ)の事を沖縄の方言で「タンププ」といいます。

 

なぜ人はタンププの種を見ると、「フー」っと吹かずにはいられないのでしょうか。特に子供は大好きですよね。

風に飛ばされていく様子はとてもすがすがしい気持ちになります。

 

でも庭の手入れに明け暮れているわたしは正直、種が拡散する心配が頭をよぎってしまいます…。童心に帰りたい(笑)


効能:個人的ランキングベスト3

 

1位 肉類や揚げ物の食べ過ぎ、腹痛に!

2位 肝臓機能促進に!

3位 乳腺炎、リンパ線の腫れに!


スポンサードリンク

タンププは知名度が高い植物のひとつですが、たくさんの効能があるのには驚きました!

タンポポコーヒーとか有名ですよね。でも効能の詳細までは知らずにいたのですが、こんなにありますよ。

 

肉類や揚げ物の食べ過ぎ、腹痛、消化不良、胃炎、胃弱、腫れ物、炎症、化膿、乳腺炎、リンパ線の腫れ、※嚢胞、乳房の腫瘍、母乳不足、眼、急性結膜炎、咽喉の腫れ、関節炎、風邪、発熱、はしか、みずぼうそう、湿疹、発疹、膀胱炎、肝炎、排尿困難、排尿痛、腎臓結石、膀胱結石、むくみ、肝炎、肝臓機能促進、あらゆる熱性の肝臓症状、黄疸…。

 

いずれも根を煎じて飲むと良いとされています。

根の部分に胆汁分泌の補助、肝臓機能促進、食欲不振回復、便秘などの改善が期待され、

葉の部分は胆石の解消、利尿作用、むくみ、関節痛、痛風改善などの効果があります。

 

普通にすごくないですか?!

タンププ最強!

 

根を使う場合が多いという点では取りすぎてしまうと、次回収穫が危ういのでほどほどにしなければいけませんが、花を咲かせる季節がきたら、お試しに楽しむのが一番かもしれませんね。

 

※嚢胞(のうほう)・乳腺が詰まって分泌物がたまったしこりのようなもの

スポンサードリンク