バジルの美味しさには訳があった!食べるだけじゃ終わらないバジルの魅力!

バジルの美味しさには訳があった!食べるだけじゃ終わらないバジルの魅力!

バジル


 

英名でバジル、イタリア名でバジリコ、和名でメボウキと言います。

江戸時代に日本に渡来し、種を水にひたしてゼリー状にしたものを目の洗浄に利用していたため、「目箒木」と呼ばれたと言われています。

よく目にする種類としてはスイートバジルが一般的ではないでしょうか。

 


 

効能:個人的ランキングベスト3

 

1位 鎮静作用、リラックス効果!

2位 食欲、消化促進効果!

3位 殺菌、抗菌作用、防虫効果!


スポンサードリンク

バジルの香りをかぐと、いい匂いがします。

これはリナロール、カンファー、オイゲノールという香り成分がリラックス効果をうみだしているからなんです。

私の場合、食欲が先にきておいしそうな香りだと思っていましたが、鎮静作用も働いていたとは知りませんでした。

 

殺菌、抗菌作用、防虫効果があるので、コンパニオンプランツにも利用できます。

バジルと相性のいいコンパニオンプランツはトマト、アンズ、モモで、私が実践したことがあるのはプチトマトです。

 

一般的にプチトマトは育てやすいと有名ですが、沖縄は台風やら湿度が高いやらで、なかなか難しいというのが印象ですが、バジルの勢いはとてもよくなるのでオススメです。

 

バジルはすくすくと育つので、毎年プランターだけの収穫で一年間使うバジルペーストを作りまくって、ピザ、パスタ、ピラフに活用しています。

小さなプランターでも小瓶ふたつくらいはペーストが作れる量が採れるので、毎年春の種まきは欠かせません。

 

あとはカラカラに乾燥させて、サラダやピザにふりかけるとバジルの風味を楽しめます。

 

バジルを育てることで料理のバリエーションが増えました。

パスタのソースはもちろんですが、パンやピザも手づくりで作るようになってしまいました(笑)

多少の面倒はあるけれど、自分が収穫したバジルペーストをなんとか美味しく食べたいという欲が出て、時間があるときはコネコネしています。

スポンサードリンク

関連記事