パセリの栄養価はとても優れているのに、ただの飾りじゃもったいない!

パセリの栄養価はとても優れているのに、ただの飾りじゃもったいない!

パセリの独特の香りが苦手…という方も多いかと思います。
“パセリは飾り”というイメージが強いですが、海外では“ブーケガルニ”などで欠かせない代表的なハーブのひとつです。
栄養価も高く、ただの飾りで利用するのはもったいない!
ということで、いくつかの効能をまとめてみました。


効能:個人的ランキングベスト3

1位 口臭や体臭を防ぐ!

2位 βカロテンが豊富!

3位 貧血予防!


口臭や体臭が気になる

“パセリが苦手”という方でも外食をする際に、もし頼んだメニューにパセリが添えられていたら、
飾りとしてではなく“ハーブの一品”として、“食後のお口直し”に食べて頂くことをオススメします。

なぜなら、パセリに含まれる有機化合物であるアピオール(Apiol)には、
抗菌作用や、口臭予防、食中毒予防、消化促進、がん抑制などが期待できます。

常時食べるが大変…という場合は、お皿に盛りつけられている時くらいは挑戦してみましょう(´・ω・`)


スポンサードリンク

βカロテンが豊富

βカロテンは有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用があり、
ガンなどの生活習慣病の予防に効果が期待されるほか、人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保ったり、
視力を維持するために必要不可欠な成分です。


貧血予防

パセリには鉄分が豊富に含まれており、鉄分の吸収を促すビタミンCの作用も共に働き、貧血の予防に繋がります。
貧血予防のほかにも、むくみ、月経不順の改善、美肌効果、動脈硬化などの生活習慣病の予防など、すぐれた効能が期待できます。
食べにくいけれど、総合的にみると食べなきゃ損!といえる、すばらしいハーブですね。


まとめ - Summary of the information –

体にいいからといって、パセリの多量の摂取は要注意です。
吐き気を催したり、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼしますのでご注意ください。
どんなものであっても、食べ過ぎには注意が必要ですが、過剰摂取への注意はハーブに限ったことではありません。

最近の沖縄の食事情を考えると本当に肥満体国になってしまって、先が思いやられます…。
特に“中年層の男性のお腹”が気になるのは私だけでしょうか。
外食や偏った食事、今一度見直して、健康管理の意識が高まればと感じます。

関連記事