ミニチュアピンシャー15才!年をとってからの愛犬の可愛いところ

ミニチュアピンシャー15才!年をとってからの愛犬の可愛いところ

愛犬のゾンが15回目の誕生日を迎えることができました!!

大きな病気もなく、この日が迎えられたことに感謝です。
人間の年齢でいうと76才になるらしいので、まずまずのシニアっぷりです。


ゾンの可愛いところベスト3

可愛いところ1位 クリクリの瞳

典型的なミニチュアピンシャーの顔立ちは凛々しくて細長く、眼がするどいカッコイイです。手足が長いようですが、ゾンは目がクリクリで手足が短め。ずんぐりむっくり。

数年前から目が見えにくくなり、さらにクリクリの瞳になりました。

ミニチュアピンシャー

盲目になってから、鼻をツンツンと押し付けて合図をするようになり、そのたびに”も~たまらん!!”と興奮してしまう飼い主です。

飼い主が興奮するのはしつけをするうえで、やってはいけないのですが・・・。

年を重ねてからの穏やかな顔立ちやしぐさが、めちゃくちゃ可愛いのです。


可愛いところ2位 耳のうしろの毛が茶色くなってきたところ

ブラックタンですが、最近うっすらと茶色くなってきています。
白髪も増えましたが、それよりも頭は黒いのに胴体が赤毛になってきていて、なんだか変な柄に(;’∀’)

ミニチュアピンシャー

血統書で家系図を見ると、母方のヒイヒイおじいちゃんがレッドだったようです。

ミニチュアピンシャーの血統書

その血筋のせいなのかはわかりませんが、変なチョコタンみたいで可愛いのです。


可愛いところ3位 短いシッポ

初めての出会いはペットショップ。

で、なぜかシッポが切られていました。

生後2~3ヶ月の子犬のシッポを切るなんて許せない!!
と思いはしたものの、すでに切られていたのでしょうがない。

シッポを切る理由はケンカでの怪我防止や衛生面などさまざまで、昔のヨーロッパでは断尾が狂犬病を予防し、背中の筋力を強め、瞬発力を増加させるなど習慣的に行われていたのだとか。

 

ミニチュアピンシャー

シッポの長いときのゾンも見たかったけど、シッポの先だけハゲいてすごく可愛い部分なのです(´・ω・`)


犬や猫を飼っている人ならわかるでしょう?!親バカっぷり

ゾンは人慣れしていないので、どちらかというと狂暴なやつです。
しつけがうまくできなかった私が悪いのですが、言うことを聞いてくれないと悲しい気持ちになることもあります。

なぜ心の距離が縮まらないの?!と。

年をとってからは、少しづつ穏やかにはなってきました。
イライラもへり、コミュニケーションもほどよく距離を取りながら今はケンカも減りました。

スポンサードリンク


たくさんの喜怒哀楽をへての15年

飼い主として反省すべきことが多すぎるけど、犬に言わせれば”今を生きている”

彼にとって、私の過去の反省なんかより、”これからの今”を見つめていくことが何よりも大事だと思わされます。


小型犬の一日は人間の4日分

1才を過ぎた頃から小型犬の一日は、人間でいうと4日という速さで過ぎています。一年で4才も年をとっているのです。中型犬で5才、大型犬では7才も一年で年をとってしまうので、それを考えるとあっという間の犬の一生です。

過去の反省を今に活かせるよう、一日一日を大切に、なにげない時間を大切に過ごしていこうね、ゾンさん。