オレガノの料理に役立つ基礎知識

オレガノの料理に役立つ基礎知識

丈夫で育てやすいオレガノ。
キッチンハーブとして利用するなら、知っておくと役立つ”オレガノ”の基礎知識。
もっとおいしく楽しくハーブを利用できるように、”料理に使う”をメインにまとめてみました。


オレガノ シソ科/多年生/原産地-アフリカ

 oregano オレガノ  origan オリガン  origano オリーガノ  ハナハッカ

  特徴

  • 生の葉っぱには香りが少なく、苦みがある。
  • 乾燥させることで香りが強くなる。
  • 清涼感のある香り。
  • マジョラムと似ているが、マジョラムよりも香り、味が弱い。

利用部分/葉っぱ

乾燥させた葉をおもに利用。

 よく使われる料理

ピザ、パスタ、煮込み料理、オムレツ、スープ、ソース、ドレッシングなど。

スポンサードリンク


 ちょこっとアドバイス

  • 個性が弱い香りなので、他の乾燥ハーブと組み合わせて利用するとよい。
  • 加熱料理が一番の利用方法。
  • 大量につかうと粉くさくなるので、分量には注意する。
  • 味の強い素材には負けてしまうので不向き。

 季節で使い分け

春の新芽、初夏の伸び盛りの葉にはほとんど香りがなく青臭いので、育てたオレガノを利用する場合は、夏の開花期前後のものを使うとよい。

 相性のよい食材

ハム、ラム肉、ソーセージ、スズキ、モッツァレラチーズ、マッシュルーム、トマトなと。

 扱いと保存方法

湿らせたキッチンペーパーで茎先をくるみ、密封容器に入れて冷蔵庫で保存。
冷蔵庫の中でも温度が高めの場所へ。3~4日は保存できる。

 洗い方

若い葉は傷みやすいので、できるならば洗わないほうがよい。
汚れや農薬が気になる場合は、5分ほど水に浸して傷つかないようやさしく引き上げて水気をとる。

 生育環境

日当たりがいい場所で、水はけのよい土壌が適している。
高温多湿には向かない。

スポンサードリンク


まとめ - Summary of the information –

古代ローマの美食家が「美味しいソースには欠かせない」と明言するほど、オレガノは料理に欠かせないハーブ。
私たちが普段から口にしているケチャップやウスターソース、ピザソースにも使われています。
なによりもうれしいのがオレガノには薬効成分も豊富で、人間はもちろんペットの手づくりご飯にも利用しています。
オレガノは殺菌、解毒作用や抗酸化作用の働きもあるので、健康管理に気を使いたい方にはオススメしたいハーブです。

関連記事:オレガノで心身ともに元気になろう!