ペットロスと向き合う日々にできること

ペットロスと向き合う日々にできること

16年共に生きてきたペットとの別れから、3ヶ月ほど経ちました。
長いような短いような、まだぽっかりと空いた穴は埋まりません。
しかし、落ち込んでばかりもいられないので、ゆっくりと日常を取り戻している毎日です。

 


 

 ハンカチは必需品
別れから一ヶ月は、とにかく涙が止まりません。
思いっ切り泣く毎日が続きましたが、
49日が過ぎ、動物の葬儀に参加する頃には少し落ち着きました。

ところが、自分では”もう平気”と思っているのに、
突然悲しみに襲われることもあります。

 ペットロスは突然やってくる

  • 夜眠るとき
  • 朝起きたとき
  • 散歩道を通ったとき
  • 手づくりご飯にあげていた食材を見たとき
  • 運転しているとき

失ったあとで、じわじわと記憶が蘇るのです。
泣く暇もなかったなぁ…と思うと、
今は泣くことが大切な時間なのかもしれません。


 ペットロスから抜け出せない原因

個人的な見解ですが、
なかなかペットロスから抜け出せない原因は”後悔”や”罪悪感”からだと感じています。

  • もっと一緒に過ごせばよかった
  • 早く病院に連れて行けばよかった
  • もっと健康に気をつかってあげればよかった

たくさんの「~しておけばよかった」の後悔や罪悪感でいっぱいになります。

しかし、これらはすべて
”いまさら”です。
今考えても、後悔しても、悔やんでも取り戻せません。

後悔や罪悪感が自分を苦しめるなら、同じことを繰り返さない。
これしかありません。


 毎日を忙しく過ごす

いままで、ペットに費やしていた時間がなくなると、生活のリズムも変化がでます。
散歩に行くこともなくなり、餌の時間を気にすることもありません。
心の空白は、時間という形に現れます。
その時間は、”自分のために使う時間”に変わります。

  • いままでやりたかったことに挑戦する
  • 行きたい場所へ行く
  • 会いたい人に会う
  • 仕事に没頭する
  • 泣きたい時は泣く
  • どうしても悲しくなる時は愛犬が天国で、はしゃいで楽しんでる姿を想像してみる

 

動物たちは、人間のように未來を考えたり、過去に後悔することはありません。
ただ今を精いっぱい生きています。
ひたすら前向きで、まっすぐで、純粋です。
だからこそ、愛おしく、癒されるのかもしれません。
彼らのように、人間も前向きに生きていきたいものです(´・ω・`)