独自0円ダイエット。今も続行中。#1

独自0円ダイエット。今も続行中。#1

2019-07-03
Zonpin独り言

必死で痩せないといけない!

というわけではないケースですので、参考になるかはわかりませんが…( ゚Д゚)
気が付くと、体重が減っていた!というお話です。

20代までは、いくら食べようが、何時に食べようが体重の変動はありません。
30代を過ぎたころから、毎年1㎏ずつ体重が増える現象が起きていました。

そして40代になった現在、30歳から蓄えた体重は10㎏!
さすがに、ヤバイか?!

しかし、一年に1㎏の増加は見た目ではゆっくりとしか映らず、
気が付けば、だらしのない体系になっていた…( ゚Д゚)という感じです。

スポンサードリンク


 若い頃と変わらない食生活

以前の食生活を振り返ってみます。

  • 朝ごはん。食べない。コーヒーだけ
  • お昼も少なめ(毎日セコイヤのチョコ1本の時もあった)
  • 夜はガッツリ肉食。に、炭酸飲料がお供
  • 食前、または食後のポテチや間食
  • 夜更かししていつも大事な時に寝坊
  • 自炊が面倒な日は、マックかホカ弁
    ※マック→マクドナルド。ホカ弁→旧ほっかほっか弁当の略。現在のほっともっと。

けっこう最低なありさまですね…(; ・`д・´)

水も飲まないので、頻尿を引き起こしていました。
※水をよく飲むと、不思議ですがトイレの回数がへり、一度でスッキリ済みます(*’ω’*)
お酒を飲む代わりに炭酸飲料水で、糖分も多め。
大好物のポテチやお菓子で塩分多め。

これが20~30代の食生活でございました…(>_<)

スポンサードリンク


 40代で体重の増加を止めたのは、白米おかわりストップ作戦

白米が大好きで、カレーや焼き肉、濃い食べ物のときは必ず”おかわり大盛で!”が当たり前でした。
若い頃からの習慣です。
それを見た友人が、
「また食べるの?!食べ過ぎじゃない?!」
とストップをかけてくれました。

一人暮らしのわたしには障害がなかったので、はじめて”自分の暴走”に気が付いた瞬間でした。

それから食事は今まで通りたらふく食べて、白米のおかわりはなし!を続けた結果…。

毎年1㎏増え続けていた体重はストップ!

めでたし、めでたし!( *´艸`)

しかし…。

体重が減ったわけではありませんでした。
体重が減り、自分の理想の体型になったのは、たった3ヶ月間にある行動を変えただけ。
ある行動とはあまりにもシンプルすぎて、ガッカリするかもしれませんが…。
書き記すのにはあまりにも”まとめる力”がなさすぎる!

次回に続きます。

独自0円ダイエット。今も続行中。続き。#2

犬用のハンバーグ