影の薄いビタミンK。血と骨の深い関係とは

影の薄いビタミンK。血と骨の深い関係とは

Nutrients

影が薄いとは失礼な。
ビタミンKはまたの名を”止血ビタミン”といい、丈夫な骨づくりにも関与している
とても大切な栄養素です。

青あざ、青タンができやすい人はビタミンKがオススメ。
ケガや内出血を起こしたときに、血液はしだいに固まり、
傷を修復します。
傷口がゼラチン状になり、やがてはカサブタができ、
ケガが治ります。
そのときに、ビタミンKが止血をするために働きかけます。
欠乏すると異常な出血やアザなど、体の不調の原因となるとされ、
最近、青あざが絶えないわー、
血が止まらなくてシカマスー(沖縄方言で:ビビったー)なんてことがあれば、
ビタミンKが不足しているかもしれません。シャー

Thanks to Julian Guttzeit for sharing their work on Unsplash
Thanks to Julian Guttzeit for sharing their work on Unsplash

 骨づくりに貢献

ビタミンKには、
カルシウムが骨に沈着するときに必要なタンパク質(オステカカルシン)
を活性化させる働きがあり、
ビタミンDとともに、骨づくりに重要な栄養素でもあります。

ビタミンKを多く含む食べ物

ビタミンKは、油脂に溶けるビタミンで、微生物によって合成されます。
発酵食品に多く含まれるほか、
緑黄色野菜や海藻にも豊富に含まれています。

納豆、ケール、あしたば、つるむらさき、かぶの葉、
おかひじき、春菊、ホウレンソウ、大根の葉、
全卵、レバー、牛乳、鶏肉、納豆、モロヘイヤ、

スポンサードリンク

多くの食品に含まれている・・・ということは、
普段から食事に気を付けている人は、問題なし!ですね。
最近、青あざが絶えないわー、
血が止まらなくてビビったーなんてことがあれば、
多めにビタミンKが含まれている、
納豆、あしたば、ケールがオススメです。

納豆

ケイツーシロップとは 

ビタミンKには、緑黄色野菜に含まれるビタミンK1と、
納豆などの発酵食品に含まれるビタミンK2があります。
ビタミンK2は腸内細菌によって体内合成される。
腸内細菌が少ない新生児には、
欠乏症を予防するために出産の数日後にはビタミンK2のシロップを飲ませるそうです。
わたしは子供がいないので、これは知らなかったーっと感心しております。
健康維持は生まれた時から始まっているのですね。

スポンサードリンク

過剰摂取について

ビタミンKの過剰摂取は問題視されていませんが、
ワーファリンを服用している方は要注意とされています。
ワーファリンとは抗凝固剤の1つで、血液をサラサラにするお薬です。
詳しくは、こちらにも記載してありますので、ご参照ください。

ケールリンクバナー

天然のビタミンKには2種類あります。
植物でつくられるビタミンK1(フィロキノン)と、
細菌や動物体でつくられるビタミンK2(メナキノン)です。
影の薄いビタミンと思っていたのですが、
血液と骨に大きな影響を与える栄養素として
とても大切な働きがあるのを知ることができました。
子供の頃はすり傷が絶えない日々でした。
じゅくじゅくーする傷口が固まっていく様子を不思議に思っていましたが。
なるほど。ビタミンKのおかげだったのですね。
納豆を食べる回数を増やさないとなー。
納豆に卵黄とネギとわさびを少々。これが美味いんだ。