ナイアシンの特徴とその働き

ナイアシンの特徴とその働き

Nutrients

肌のビタミンとも言われているナイアシン。
お肌のトラブルやいつまでも若々しくいたいわーと思うのは
全人類の願望です。
きっとそうです。あなたもわたしもあのひとも。
上手に摂取して、今よりもお肌にいい食生活を目指しましょう。

 ニコチン酸の名前の由来はタバコのニコチン

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチンアミノの総称で、
動物性食品から植物性食品まで幅広く含まれています。
また、人の体内では、必須アミノ酸の一種であるトリプトファンからも
合成されます。
それよりも、気になることが…ありますよね。
スルーしそうになりましたが、

タバコのニコチンと名前が似ている。

このインパクトは目を奪われてしまう人もいるかもしれません。
(わたしがそうでした)
体に悪そう。
そんなイメージが植え付けられてしまいがちですが、
生理作用はまったく異なるのでご安心を。

なぜニコチンなのか。
それは、”化学構造が似ているから”という理由でした。

化学構造イメージ
素人にはわかりませんが、似ているそうです。


ニコチンは神経を興奮させ、腸や血管を収縮させて血液の上昇がおきます。
一方、ニコチン酸は皮膚やセロトニンの合成に働きかけるという、
名前は似ているけれど、まったく違う働きをする物質だっだのです。
安心しましたねー。
そもそも、ナイアシン/ビタミンB3/ニコチン酸と名前が複数あるので、ややこしい。
お好きな名前で覚えてみましょう。
ちなみに私は”ナイアシン”が好きです。
なんだか安心、ナイアシン。意味不明ですが。

スポンサードリンク

 体内で補酵素として大活躍

ナイアシンは脂肪や炭水化物を代謝するための酵素の、補酵素。
体内の全酵素の20%にあたる500種類の補酵素として機能。
かなりやり手です。
わけがわからないですが、とても重要な栄養素なのは理解できますね。
詳しくナイアシンについて探ってみましょう。

 ナイアシンの主な働き

セロトニンの合成
トリプトファンから神経伝達物質のセロトニンが合成される際に、
ナイアシン、ビタミンB6、マグネシウムが必要となります。
セロトニンとは、過剰な興奮や不安を抑え、
神経症状の改善に寄与している脳内の神経伝達物質のひとつです。
セロトニンは脳内ホルモンの幸せホルモンとも呼ばれています。

スポンサードリンク

二日酔いの防止
ナイアシンは二日酔いの原因となる、
アセトアルデヒドの分解を促す働きがあります。
血液促進作用があるため、冷え性、頭痛の改善にも有効。
アルコールを習慣的に飲み続けていると、ナイアシンが消費され、
食欲不振、口角炎になることがあります。
肌も荒れそうですねー。

いくら二日酔いを防止できるとは言っても、
手っ取り早いのは”そこまで飲むな”です。
手厳しいー。

 ナイアシンを多く含む食品

  • たらこ
  • カツオ
  • ムロアジ
  • マグロ
  • 鶏むね(皮なし)
  • 豚レバー

トリプトファンが体内で合成するのに必要な栄養素は、
ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6です。
幸せホルモンを分泌したい!!という方は、
これらを含む食品を一緒に食べることを意識すると良いでしょう。
合言葉は、目指せ、トリプトファンとナイアシンでセロトニン合成!
(合言葉にしては長いなー。目指せトナセロにするかな。)

ビタミンB1

ビタミンB1食材イラスト
ビタミンB2


ビタミンB6

ビタミンB6食材イラスト

 摂り過ぎても、少なすぎても要注意

普通の食事をしていればなんの問題もありません。
多くの食品に含まれているので安心です。
ですが、サプリメントによる過剰摂取には注意が必要です。
過剰摂取に要注意
消化不良、皮膚炎を引き起こす可能性があります。
欠乏するとどうなる?
ペラグラという病気になるかも。
その他、手足の皮膚炎、胃腸障害(下痢)、
うつなど症状があります。あまりよろしくないですね。

ペラグラとは
1937年にナイアシンの欠乏症状であることがあきらかになり、発見された。
ペラグラはイタリア語で「荒れた皮膚」を意味する。
ナイアシン不足と日光に当たらないことにより発症する。
トウモロコシにはナイアシン含有量が少ないため、
トウモロコシを主食としている国に多くみられる病気。

スポンサードリンク

 ビタミンB群は心のビタミン

ビタミンB1,ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンB6、ビタミンB12、
葉酸、パントテン酸、ビオチンをまとめてビタミンB群といいます。
これらは精神の安定を維持するために重要な栄養素。
集中力がない、いつも疲れている
イライラが止まらない、そんな内面からの不調を改善するためには
難しいーっと思っていませんか?

 答えはシンプル

添加物スパイラルをさけ、普通の食事をするだけ。
特に、郷土料理がいいです。その土地のお母さんが作るような。
洋食や肉中心の食事は日本人の体には対応できていないので、
太ったり、ストレスに弱くなったり、心の病気も増えるのだと思います。
お米中心の食事は腹持ちがいいので、
間食も抑えられるはず。たぶん。自信はありませんが。
心と体の健康への近道は
食事を抜かず、普通の食事をとること。
いたってシンプルなのです。
それが難しいんですよね。
でも現実は足さないこと。
普段の食事だけで生きていけるのです。
私たちを取り巻く環境は誘惑がいっぱい。
つらい世の中です。
(あれも食べたい、これも食べたい、もっと食べたい、もっともっと食べたいー♪)