島とうがらしの民間薬草利用術

島とうがらしの民間薬草利用術

Okinawa herbal medicine

 歯痛:★☆☆☆☆

  • トウガラシを歯に詰める

またまた過激な方法です。
歯医者がある現代はありがたい!
トウガラシを詰めるか、歯医者さんに行くか。

 肺病:★☆☆☆☆

  • お茶椀いっぱいのトウガラシを三枚肉(600g)を一緒に煮て食べる

かなり刺激的ですが、
三枚肉(豚の脂身いっぱいのお肉)と相性が良さそう。

スポンサードリンク

 破傷風:★★★☆☆

  • 卵の黄身にトウガラシ数個をすりおろし、飲ます
    トウガラシをフランベし、黒くなったトウガラシを取り出し、
    残ったお酒を少し飲む
    ※フランベとはお酒を燃やし、その中で炙ること
    酒にトウガラシと塩を入れて飲む

※破傷風(はしょうふう)とは土中の破傷風菌が傷口からはいって起こる病気。
高熱、痙攣(けいれん)を起こし、重症のものは数時間で死ぬ。

 腹痛:★★★★★

  • トウガラシをつつき、水を加えて飲む
  • トウガラシを酒につけ、それを飲む
  • 煎じて飲む
  • 卵とトウガラシを混ぜて、炒めて食べる
  • トウガラシとそうめんをまぜて、そうめんチャンプルーで食べる

利用者が多かったのが、腹痛。
辛味は味ではなく、痛みと言われていますが、
昔のうちなーんちゅ(沖縄の人)は
痛みで痛みを和らげていたのでしょうか。
痛みに弱いわたしは、まだまだ甘ちゃんです。
甘いのがいいです。

スポンサードリンク

 二日酔い:★☆☆☆☆

  • 味噌を少しとトウガラシ3個を
    つついて水を1合(180㎖)を加えて混ぜ、それを飲む。

二日酔いにみそ汁が効くとはいいますが、
トウガラシを入れるとシャキッとするかもしれません。

いかがでしたか?
島とうがらしの民間薬草利用法。
草ではなく果実ですが・・・それは置いといて。
痛みには痛みを!
誤解のありそうな言い方かもしれませんが、
薬がないときは、紛らわす。
そのあとは治癒力に頼る。そんな時代だったと思います。
みなさんは、我慢せずに病院やお薬で治しましょう。
いつも健やかに。健康に感謝。