パパヤーしりしりーを作ってみよう

パパヤーしりしりーを作ってみよう

1人ごはん

今回はパパヤーしりしりーをご紹介。
沖縄の家庭料理の”ニンジンしりしりー”に次ぐ、
人気の高いパパヤーしりしりー。
※パパイヤの炒め物のことです。
とても簡単!
と、言いたいところですが、
果物のパパイヤと違い、青い状態のパパヤーは、とても硬い。
皮をむくと、スベスベぬるぬるペタペタ。
触った手の表面は乾燥しているような、
それでいて、まくがはったような、妙な感じになります。
怪我をしないように慎重に調理するが必要があります。
しりしりー器の準備はできましたか?
それではさっそく作り方を見ていきましょう!

スポンサードリンク

 材料

パパヤー — 2個※今回は小さめを使いました。適量でお願いします。
シーチキン — 一缶※
だしの素 — 小さじ2~4※
油 — フライパンにぐるっと回し入れる程度
塩・コショウ — 少々

 作り方

パパヤーの皮をむき、種をとる。
すべるので、要注意!
輪切りにし、さらに縦に半分に。
しりしりー器でしりしりーする。
くじけそうになっても、頑張って!

しりしりー器でしりしりーします。


油で炒める。
だしの素・塩・コショウで味付け。
味見をして確認したら、火をとめてシーチキンを絡める。

パパヤーしりしりー

 ちょこっとアドバイス

しりしりー器がなくても大丈夫。
スライサーで代用するか、包丁で切りましょう。

 

ネットでも購入できるようです。穴のサイズは大き目がオススメです。
パパヤーを炒める
シーチキンは最後に。

シーチキンは炒めすぎると風味が落ちてしまいます。
最後に余熱で絡めると、美味しく仕上がります。

シャキッとさっぱりに仕上げたい場合は、
火を通し過ぎないで、歯ごたえを楽しめます。
逆に、しんなりするまで炒めても美味しいです。
どちらも、お好みで、お願いします。

体にも美味しいパパヤーしりしりー。
パパイヤには美肌効果、疲労回復など、
夏には欠かせない栄養を補給できちゃう島野菜のひとつ。
しりしりー料理をマスターして、
夏対策にお役立てください!

パパヤーリンクバナー

にんじんしりしりーリンクバナー