ハーブで肉料理はもっと旨くなる#02-ブっちゃけ豚肉が好きです編-

ハーブで肉料理はもっと旨くなる#02-ブっちゃけ豚肉が好きです編-

料理のヒント

豚肉。
ポークステーキ、トン汁、生姜焼き。
ブヒブヒ。鼻もお腹も鳴りまくりです。
今回は、豚肉に合うハーブをご紹介。
塩・コショウに加えてハーブで肉のうま味を引き出しましょう!
慎重な人は肉と相性の良い物を試すもよし、
好奇心旺盛の人は、オリジナルの組合せを試すもよし。
お好みの素材で、お肉のうま味。
肉料理のヒントにハーブをご活用ください。

豚肉が旨くなるハーブまとめ

セージ/Sage

土くさく、強烈な香り…なんていう人もいるけれど、
ハーブティーとして飲んでる私には
そんな風には思えませんが…お茶もイケてますよ。

セージ茶リンクバナー

セージ料理基本リンクバナー

 使い方のヒント
ソースに加えて加熱する。
または刻んだ葉をハンバーグのタネに入れて焼く。

タラゴン/Taragon/エストラゴン/Estragon

エストラゴンとも呼ばれている、フランス料理の定番ハーブ。
キク科ヨモギ属の多年生植物。
フーチバー(ヨモギ)の親戚って感じでしょうか。
アニスに似た甘い香りと、セロリのような爽やかさ。

 使い方のヒント
フィーヌゼルブにして散らす。
※フィーヌゼルブとは
チャイブ、チャービル、パセリ、タラゴンを一緒に細かく刻んで混ぜ合わせたモノ。
揉みこんでロースト、またはソテーする。
ソーセージの具材にも使える。
とくに脂肪分やゼラチン質のお肉との相性がピッタリ。
沖縄でいえばテビチ(豚足)がオススメ。
ブヨブヨ。ぷにぷに。

スポンサードリンク

にんにく/Garlic

お肉には当たり前。
翌日どんなに臭くても、お肉と一緒なら迷いなし。
トンカツの下味で使うと、箸がとまりません。

 使い方のヒント
細かく切ると香りが強くなる特徴があり、
下味にはおろしニンニクか、パウダー状のものを
肉に練りこむと美味しくなります。
芯を取り除いた生のニンニクを油で素揚げすると
お芋のような味わいに。

ニンニクリンクバナー

ナスタチウム/Nasturtium

花、葉、実が使える優れもの。
ピリッと辛い。
お花もカラフルで見た目も楽しめる。

 使い方のヒント
お肉の付け合わせに。
太くて厚みのあるものであれば、
ソテーにしたり揚げたりすると食べやすくなる。
種は食感も楽しめて面白い。そして辛い。

シマナー/カラシナ/マスタード/Mustard

スパイシーでちょい辛め。
ちゃっちゃとガーリックと塩コショウで炒めたシマナーを添えれば、
牛肉をさらに引き立ててくれます。
ちなみに、粒マスタードと呼ばれるツブツブの調味料は、
カラシナのタネが原料だそうです。

シマナーリンクバナー

 使い方のヒント
生、またはソースに加えて加熱する。
ベーコン、ソーセージには調味料の粒マスタードもオススメ。

ラビッジ/Lovage

セロリを数倍強くしたような味。
シャープな辛みを味わえる。

 使い方のヒント
サラダやスープに添えてもよし。
豚足にうってつけ。
生の味に耐えられない人は、乾燥させたものを使うと辛味が和らぐ。
加熱すると辛みだけが弱まる。
また、油に10日ほど漬け込むと辛みはなくなる。

スポンサードリンク

ラベンダー/Lavender

芳香植物の代表ともいえるラベンダー。
お肉料理にも使えるんです。
豚肉の臭み消しにいかがでしょうか。

 使い方のヒント
生、またはロースト料理に利用。
ソースに加えて加熱など。

牛肉にはこんなハーブがオススメ。

牛肉とハーブリンクバナー

鶏肉はあんなハーブがオススメ。