ハーブで癒し系チキンハム

ハーブで癒し系チキンハム

1人ごはん

ラップでまいて湯がいてハムができる。
初めてチキンハム作ったときは感動しました。
ヘルシーで、とにかくシンプル。
素朴なのに、あと味は味は上品。
癒されます。
優しい風味はサラダのトッピングにぴったり。
作り方は簡単なので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 材料

鶏むね肉 —– 一枚
水 —– お鍋に肉がひたひたになる程度。
砂糖 —– 大さじ1。(キビ砂糖を使用)
塩・コショウ —– 気持ち多め。
ドライバジル —– 大さじ1くらい。好みのハーブでOK!
ローリエ —– 1~2枚
料理酒 —– 大さじ1。
サランラップ —– チキンが巻けるぐらい。

 作り方

皮と脂を取り除く。
鶏むね肉をフォークでぶすぶす。
味を浸透させやすくします。

フォークで刺す

ドライバジルと鶏胸肉
今回は自家製ドライハーブ、バジルを使いました。

ドライハーブ作り方リンクバナー

ハーブを振りかける
塩・コショウ・砂糖をしっかりとまぶす。
湯がくので、気持ち多めに。
好みのハーブをふりかける。

ラップで包む

ローリエはちぎって
ローリエはちぎって入れると風味倍増。

ラップで包む。
時間があれば冷蔵庫で30分以上休ませる。
鍋にラップで包んだチキンとローリエを入れる。
水をひたひたになるまでいれて、
沸騰したら料理酒を入れる。
10~15分、強火で煮込む。

 

煮込む
煮汁はスープに。こくうまです。
できあがり
できあがり
サラダ
どんなドレッシングでも相性ばっちり!

 ちょこっとアドバイス

ハーブはお好みで。
今回は自家製ドライのバジルを使いました。
迷う場合はチキンに合うハーブの中から選ぶと良いでしょう。
セージやタイムなどブレンドもOK!
ハーブを使う目的は臭み消し。
鶏肉の肉肉しぃ香りが消せる程度で試行錯誤してみましょう。

鶏肉とハーブリンクバナー

逆に、鶏肉の香りを消したくない方は
皮や脂を残したまま、ちょっとギトギトでジューシーでも
いいかもしれません。

フレッシュハーブを使う場合は、チキンが見えなくなる量で。
ドライハーブはフレッシュハーブに比べると風味が柔らかく、
味を染み込ませるためには量が必要になります。
ドライハーブは風味が凝縮されているので、
少しの量で補えます。

歯の隙間が気になる場合は、
表面についたハーブの出涸らしは適当に取り除きましょう。
笑顔を演出するのに、必要な場合は、そのままで。
のりほどは面白くないと思いますが、
きっとみんなが笑顔に。
爆笑になるかもしれません。にっ。

スポンサードリンク

湯がいたお湯は捨てないで。
スープに使いましょう。
チキンのお出しが、いつものスープを美味しくしてくれます。

ハーブがなくても大丈夫。
塩・コショウ・砂糖だけでも充分美味しいハムができます。
というか、もともとは雑誌で読んだレシピでした。
それにハーブを漬け足して
自分流にアレンジしただけなので、
パクリです。パクリ。
ごめんなさい。ぺこり。m(_ _)m

さぁ、これでサラダが美味しく頂けます!
ハーブで香り豊かなチキンハムをお楽しみくださいませ。