昔ながらのヒラヤーチー。まずは”きほんの作り方”で。

昔ながらのヒラヤーチー。まずは”きほんの作り方”で。

1人ごはん

沖縄にはヒラヤーチーという家庭料理があります。
ときにはおつまみ。ときにはオヤツ的な。
沖縄風お好み焼き、沖縄風チヂミなどと表現することもありますが、
ヒラヤーチーは、ヒラヤーチーです。
ヒラは平たく。ヤーチーは焼いた。
「平たく焼いた」という方言のありのまま。
シンプルで簡単。素朴な手料理。
昔の沖縄の風景が見えてくるかも?!
どうぞ、お試しください。

スポンサードリンク

 材料

小麦粉 —– カップ1/3
水 —– カップ1
たまご —– 1個
塩 —– 小さじ1
ニラ —– 適量

ウスターソース —– 食べるときにかける

ヒラヤーチーの材料

 作り方

  • ニラは洗って水けをきり、小口切りにする
  • ボールに卵を溶きほぐし、水、塩、ふるった小麦粉を混ぜ合わせる
まぜる
面倒くさがらず小麦粉はふるいにかけましょう。後が楽です。
ヒラヤーチーのタネ
サラッとしていてクレープみたい。水っぽいですが、大丈夫です。
  • フライパンに油をひいて、焼く
焼く
薄くてもっちり。意外にひっくり返すのが難しいです。挑戦者は頑張ってください!
  • 両面に焼き色がついたら出来上がり

出来上がり

 ちょこっとアドバイス

ヒラヤーチーの具は野菜のみ

定番はニラです。ほぼ主役です。
二番手はフーチバー(ヨモギ)やイーチョーバー(ウイキョウ)など。

食べるときは必ず”ウスターソース”

これがないとつまらなーい!
とんかつソースでも、お好み焼きソースでも、
焼きそばソースでも、オイスターソースでもありません。
ウスターソースです。

スポンサードリンク

 ヒラヤーチーとチヂミの違い

タネとなる材料は、小麦粉、卵、水。
ほぼ同じのようです。
が、
韓国発祥のチヂミはさらに米粉や片栗粉などが加わり、
もっちりとした食感。
そして具が盛りだくさん。野菜、海鮮やら豚バラなど。

ついでにお好み焼きと比べても、
お好み焼きは様々なバリエーションで、
ソースの香りがたまりません!
豪華です。お好み焼きもチヂミも。

ヒラヤーチーは素朴です。
素朴っていいよなぁ。
と、言ってもらえると幸いです。
素朴っていいよなぁ。です。

スポンサードリンク

今回は1978年発行の「琉球料理全書」を参考に、
昔ながらの味を再現しましたが、
まさに、おばぁちゃんが作ってくれたヒラヤーチーが
蘇りました!

周辺の聞き取り調査では、
”だし汁入っているのが定番”とも言われましたが、
わたしの想い出の味は、塩とニラの甘みのある”この味”です。

ニラリンクバナー

今では家庭で作ることは減ったヒラヤーチー。
(居酒屋やカフェでは見かけます)
周りを見渡せば、美味しい物で溢れています。
わざわざ作らなくてもなんでもあり。
目移りしちゃいますよね。

忘れ去られゆく伝統家庭料理。
時代とともに味も素材も変化します。
ときどき、思い出すタイミングで懐かしい味を自分で作ってみるのも
いいものです。