ほうれん草と春菊。シュウ酸が多いのはどっち?

ほうれん草と春菊。シュウ酸が多いのはどっち?

Nutrients

ほうれん草や春菊などを湯がくとアクがでます。
これがシュウ酸です。
シュウ酸は、鉄やカルシウムの吸収を妨げになるほか、
味にえぐみがあるので、やらないわけにはいきません。
みなさんも調理の際にはアク取り、
アク抜きをしっかりと行っていると思います。

ところで、ほうれん草と春菊。
シュウ酸が多いのはどちらでしょうか?

答えはほうれん草

春菊に含まれるシュウ酸は、ほうれん草よりも少なめ。
ほうれん草の4%ほどしか含まれていないそうです。

Photo by FOODISM360 on Unsplash
Photo by FOODISM360 on Unsplash

 なぜシュウ酸が多いとダメなのか

シュウ酸とは植物に多く含まれる成分で、
過剰摂取すると”結石”ができる可能性があります。
偏った食生活を続けていると
体内に石ができてしまうなんて…。
なんとしても回避したいところです。

floating-pebbles-stones
floating-pebbles-stones

 シュウ酸の多く含む食品

  • ほうれん草
  • たけのこ
  • さつまも
  • レタス
  • ブロッコリー
  • なす
  • ピーナッツ
  • 未熟なパナナ
  • チョコ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ココア

これらの食品を過剰摂取し続けている方は、
用心したほうがよさそうです。
(個人的に好きな物ばかり。困ったものです。)

スポンサードリンク

 結石を作らない体にするには食事がキーポイント

今からでも回避できる方法はあります。
体に石ができにくい手段を、普段から実践してみましょう。

 茹でる

ほうれん草やたけのこ、ブロッコリーなどの茹でて食べる食材は、
ちゃんと茹でて食べるようにしましょう。

茹でいらずとして改良された
サラダほうれん草がありますが、
家庭菜園で育てて食べた経験から申し上げます所、
多少ではありますが、
正直、違和感がありました。アクが舌に残るような感じ。
たぶん、噂のシュウ酸かと思われます。
面倒かもしれませんが、
サラダほうれん草であっても、
サッと軽く茹でることをお勧めします。

 水分をしっかり摂る

お水

毎日、食事以外に約 2 リットル以上の水分をとるようにしましょう。
結石のなかでも尿路結石は再発が多く、
食生活や代謝が大きく関係しているそうです。
水をあまり飲まないと尿が濃くなり、
結石ができやすくなります。

水を飲まない方にとっては難しいことですが、
ペットボトルや缶ジュースを買わないようにすると、
自然と水との距離が縮まると思います。
さらに、
お気に入りの水筒を持つと、節約にもなるし、
水筒に常時水を入れておけば汚れも少なく
常に気分も爽快です。

痛い思いをする前に
水を多く飲んで、スッキリ流してしまいましょう!

スポンサードリンク

 カルシウムを摂る

これまた尿路結石の話になりますが、
結石をできにくくするためには、
尿中のシュウ酸を減らすことが重要になります。
※尿の話ばかりでごめんなさい。
その際に活躍するのが、カルシウム。
カルシウム不足が重要視されるのは、
骨に限った話ではなく、
腸内のシュウ酸とカルシウムが結合することにより、
便として排出され、
尿中にシュウ酸が増えないという仕組みになっているのです。

カルシウムリンクバナー

 クエン酸を摂る

クエン酸を含む食品、ミカンやレモン、酢などを摂ることで、
シュウ酸の結合をおさえる働きがあります。

クエン酸リンクバナー

 動物性の脂肪やたんぱく質を控える

体重だけなく結石もできやすい体になってしまうようです。
食べ過ぎには注意しましょう。(食べなさすぎもダメダメ)
めざせ腹八分!

スポンサードリンク

 塩分、砂糖を控える

これも同じく、入れすぎ、食べ過ぎに注意です。
様々な習慣病の元凶です。
その中に結石ができやすくなる可能性があることを、
覚えておきましょう。

 適度な運動、バランスのとれた食事

運動が苦手な人も多いかと思います。
一日30分からでも始めてみましょう。
長続きするコツは様々ですが、
個人的にやっていることは、小さな怒りの炎を燃やし、
ストレス発散をかねて、軽い運動をしています。
イラっとした時は即運動。

アクが強い物を生食しても、通常の食事で摂る程度の量なら
健康に害を及ぼす心配はありません。
とはいうものの、
食べた物が体に蓄積されるということは、
塵も積もれば山となる。
アクをできる限り取り除くことは、
味を楽しむうえでも、大切なことです。