人もペットも注意したいフリーラジカルとは

人もペットも注意したいフリーラジカルとは

Dog Life

みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
ペットロス中のゾンピンです。
気が付けばもう数年が経過しましたが、
多くの飼い主さんにドックライフのお役立ち情報をお届けしたく、
執筆しております。
今回は「フリーラジカル」をテーマにまとめてみました。
聞いたことがない方もある方も、
このページで出会ったのも何か縁です。
ペットとの生活をいまよりもより良いものにしたい飼い主さんに、
心を込めてお送りいたします。

フリーラジカルとは

”体がさびる”という表現がありますが、
フリーラジカルとは端的に表現すると、
体の酸化」と思っていただけるとわかりやすいと思います。
フリーラジカルは極めて反応性の高い分子で、
細胞や組織に障害を引き起こし、疾患の原因となると言われています。

細胞の損傷
フリーラジカルはたんぱく質、DNA、
または細胞膜の脂質から電子を「盗む」ことで
細胞を傷つけるという、なんともやっかいな泥棒さんです。

スポンサードリンク

フリーラジカルが生成される主な要因

  • 放射線
  • 化学物質
  • 車の排気ガス
  • タバコの煙
  • 薬物

どれも現代社会の生活習慣、環境によって作り出されたものが要因です。
オゾン層が薄くなることによる紫外線曝露、
マイクロ波、エックス線、電磁場など。
これらはフリーラジカル形成に大きく関係している可能性があります。

Photo by Jan Antonin Kolar on Unsplash
Photo by Jan Antonin Kolar on Unsplash

注意したい生活習慣の多くの要素

  • 高脂肪の食事
  • 運動不足
  • 過激な運動
  • 過剰な飲酒
  • 喫煙
  • 薬物
  • ストレス

ペットもまた、人間同様、社会生活のストレスを受けています。
その影響は体調や問題行動の原因かもしれません。

ペットが病気になる理由

人間との生活に飼いならされ、
都会の環境の中で生活していることがあげられます。
ペットは都市の環境が原因で発生する、
フリーラジカルにさらされて暮らしています。
長期間フリーラジカルさらされることで、
皮膚や眼、消化器、免疫系の疾患だけでなく、
関節炎や心疾患など、
多くの疾患の重要な寄与因子であると言われています。

確証はなくとも、明らかに影響があるのは肌で感じることができるでしょう。
それはペットも人も同じだと想像して頂きたいと思います。

スポンサードリンク

こんな場所も危険かもしれない

 家の中
家庭内の家具、壁や床を覆う壁紙や敷物は、
その製造過程で使用された化学物質の分解によって、
常にフリーラジカルを発生させています。
少量であっても、それが集合体となれば多くなる。
考えると気が遠くなります。
しかし、現実にはハウスダストでアレルギー反応を起こす人々もいて、
目に見えないけれど、私たちのすぐそばにフリーラジカルは発生しており、
その要因は多く存在するのです。
ペットの場合、床を舐めたり家具などを噛んだり触れたりするため、
家の中での暮らしへの工夫が必要になってきます。

カウチ

 犬の散歩コース
いつもの散歩コースを思い出してください。
そこは交通量の多い場所ですか?
ゴミや糞尿が多い場所ですか?
不自然に雑草が枯れている場所も、
除草剤、殺虫剤にも注意しなければなりません。
地面と近い犬にとって、快適な散歩コースか否か。
安全が確保でき、吸い込む空気がキレイな道を
歩んで頂きたいと思います。

散歩術リンクバナー

 

 犬のスキンケア
化学物質のスプレー、口臭ケア製品、ノミダニ駆除製品など、
定期的な使用はペットの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
免疫が落ちていることに気が付かずに使用を続けると危険です。
最新の注意を払いましょう。
動物の匂い、体臭は、それが自然であり、
不自然に打ち消そうとすると、
病気の発見が遅れる可能性があります。
健康異常のサインを見逃さないために、
人工的な香りをまとわせるのは控えめにしましょう。

 タバコの煙
極めて強力なフリーラジカル発生源の一つで、
猫のガンに関係があるとされています。
もちろん、人も犬も過言ではありません。
煙に近づけない、室内で吸わない。
人と同じようにペットにも煙を吸わせないようにしましょう。

 過剰な運動
人も動物も同様に、
日ごろから身体運動をすることで体内ではフリーラジカルは発生しています。
さらに過激な運動をするとその量も増えてしまいます。
健康のための運動が健康を阻害する可能性が出てきます。
ペットには体格、体調に合わせた適度な運動が必要です。

  • 小型なら30分~1時間以内。
  • 大型犬なら1~2時間以内。

できることなら朝昼晩が理想的。
24時間あるうちの数時間です。バランスよくお願いします。

スポンサードリンク

じつは体には適応能力がある

人間もペットもただ、フリーラジカルにさらされるだけではありません。
体にはフリーラジカルや異物に対して適応し、
解毒する働きが継続的に機能しています。
身近にある危険な環境の中でも、
フリーラジカルを気にせずに無事で過ごせているのは、
のあなたやペットは健康だからです。
体調が良くない場合は、汚染物質やフリーラジカルによる細胞の損傷が
さらに健康状態と悪化させる原因になりかねません。

若いうちは体内にフリーラジカルを吸収しても
作用を打ち消すのに十分な濃度の抗酸化酵素があります。
しかし、加齢とともにこれらの防御システムの効力は薄れていきます。
破壊されずに生き残るフリーラジカルが体内では増加し、細胞組織に損傷をもたらし、
気が付けば時間の経過とともに体は老化、疲弊していきます。

次回はフリーラジカルに負けない体作り、改善方法をテーマにまとめようと思います。
一息入れて、次回をお楽しみください。
ご閲覧、ありがとうございました。