釣り上げたのはハサミのない”カニ”だった?!

釣り上げたのはハサミのない”カニ”だった?!

時々、釣りに行きます。いつも師匠の友人と二人で。

必ず釣れるとは限らないのが釣りの面白いところ。

場所や潮の満ち加減、時間、季節。
魚との駆け引きは思っている以上に難しいのがまた奥が深いです。

この日の釣りは、とても静かなもので、魚がまったく寄り付かない有様。
いつものことではありますが、待てども待てども竿は動きません。

そろそろ帰ろうかと、竿をしまおうと糸を引き寄せると重みを感じました。
海藻でも絡んでいるのだとうと思っていたら、なんとまぁ。

正直、かなりビビってしまいました…(; ・`д・´)

カニ!?

しかも色が鮮やかで逆に怖いです!(;´・ω・)

タイワンガザミ

初めてです!カニが釣れるなんて!

カニって当たり前のことですが、
ハサミがあるので危険です!初めてのことで本当にパニックでした!

お気づきの方、今の時点でいるでしょうか?

いないかもしれませんね。

カニを釣り上げたのは、釣り針。

普通はパチンっと糸を切られてしまって、姿を見ることはありません。
大抵は網とかで絡まるもので採るらしいです。
魚のように口だけでエサを食べないので、
針に引っかかるはずがないのに、
なぜか奇跡的に体の節の隙間に釣り針が引っかかってしまったのです。

なんとか釣り針を外し、
家で改めてカニを見たところ・・・異変に気が付きました。

カニなのに、ハサミがありません…。

しかも両手!!

タイワンガザミ

なぜ一番の美味しい部分がないの?!

新種なの?!(;´・ω・)

調べたところ、ワタリガニの一種で
”タイワンガザミ”というとても美味しい種類のカニでした。

どうやら、ハサミを何らかの理由で失ってしまい、
ハサミがないので直接口で釣り餌に食いついていたところ、
体の節に釣り針が引っかかってしまったという訳です。

ハサミがあれば、釣れるはずのなかったカニとの遭遇はサプライズでした。

スポンサーリンク



以前に、釣具店で買ったゴカイをエサにして釣りを楽しんでいたら、
野生のゴカイを釣り上げてしまい、
その姿のおぞましさにビビってキャッチ&リリースしたこともありました。

今思い出しても、恐怖と驚きとハプニングで笑えてきます( *´艸`)

自然に感謝しながら、その日はカニのみそ汁を堪能いたしました。
何十年ぶりかなぁ。カニのみそ汁を頂いたのは。
ただのみそ汁は高級で贅沢な味わいでした!

そう。その日はハサミのないカニ、一匹のみ。

それでも手ぶらでなく持ち帰る食材が手に入るのは、
毎日の行いがいいからなのかなぁ?!ねぇ。師匠!(笑)

※師匠は釣りに行くたびに、必ずゴミ拾いをして帰ります。
ちなみに師匠は甲殻類アレルギーなので、カニのみそ汁にはありつけませんでした(-_-;)