ぶきっちょでも安心。失敗が減る天ぷらの作り方

ぶきっちょでも安心。失敗が減る天ぷらの作り方

涼しい季節になると、天ぷらに挑戦したくなるゾンピンです。
沖縄の夏は暑くて長い。
涼しい季節は貴重です。
窓が開けられて、涼しくて。
そんなタイミングを見計らって天ぷらに挑戦です。
※今回は”うちなー天ぷら”。ではなく、”普通の天ぷら”です。

材料

小麦粉 —– 200g※カップ1~2杯とかでいいと思います。結局足したり薄めたりするので…。
水 —– 300cc※小麦粉よりやや多めで。
氷 —– 3~4個
卵黄 —– 一個
野菜 —– 季節のお野菜
鶏肉 —– 食べたいだけ。※今回は鶏モモ2枚
塩 —– 鶏肉の下味用に少々

作り方

野菜と鶏肉を切ります。
まな板の汚れを考慮して、野菜、肉の順で切ります。
鶏肉に塩で下味をつけます。モミモミ。
野菜、鶏肉に小麦粉を振ります。
※この工程が重要です
小麦粉に水、氷、卵黄を入れてまぜまぜ。
ダマは気にしないでいいです。
衣がつけば大丈夫。
油の温度は180℃。
揚げます。
終わり。

天ぷら出来上がり
どうみても一人暮らしの量ではありませんが、全部独り占めです。

ちょこっとアドバイス

 衣がうまくつくように
揚げる素材に、小麦粉をふるっておくと、
衣が剥がれにくく、素人でも失敗が少ないです。

小麦粉をまぶす
揚げる前に、小麦粉をつけておきましょう。衣が付着しやすいように。
油の温度を箸で測る
お箸で温度を測るの写真。ピンボケです。ぶきっちょでごめんなさい。

 油の温度
初めからお箸をいれたて、ブクブクするという判断方法は
上級者向けだと思います。
失敗が多い人(わたし)は、面倒でも必ず計ったほうがいいです。
食材を入れると温度が下がったり、
どれくらい放置すると温度が上がるのかを
何度も経験して、体で覚える。それを怠ると失敗だらけ。
克服しましょう!

スポンサードリンク

 衣の食感
衣はサラッとしていてもいいし、ドロッとしていてもOK。
パリパリさくさくなら、サラッと水多め。
ほどよい食感でガッツリなら、ドロッとさせて。

 片栗粉は要注意
サクサクにさせるために片栗粉を入れる裏技がありますが、
入れすぎると冷めた時に悲劇が…。
硬くて食べにくくなることがあります。
入れるなら少なめを意識。小さじ1程度に。

 卵黄は忘れずに
卵黄を入れないと、ちょっと固めになってしまいます。
パリパリですが、口の中を傷づける恐れが…(経験済み)。