ナスタチウムの料理に役立つ基礎知識

ナスタチウムの料理に役立つ基礎知識

食用花:エディプルフラワーとしても利用されるナスタチウム。
鮮やかな色彩とピリッとした辛みで魅了する大人のハーブ。
特徴を活かした使い方で、ナスタチウムを攻略しましょう。

ナスタチウム/ノウゼンハレン科/多年生/原産地/南米

イギリス国旗 Nasturtium ナスタシャム
フランス国旗 Capucine カピュシーヌ
イタリア Cappuccina カップッチーナ
日本の国旗 キンレンカ

 特徴

カエルの傘を思わせる丸い葉っぱが可愛らしい。

本当に食べられるの?!
と思うくらい、花の色が鮮やか。

きりっとした辛みが大人味。

ナスタチウムリンクバナー

 利用部分/花/葉っぱ/実

きりっとした辛みは、ルッコラやクレソンを思わせる。
実も同様に辛みがある。

 よく使われる料理

生のまま、サラダ、サンドイッチに入れてアクセントにしたり、
肉や魚料理に添えると華やかになる。
花が咲き終わった後にできる種子は
酢漬けにして、ケイパー(ケッパー)のように使う。

※ケイパー/ケッパーとはサーモンの料理で見かける黒いつぶつぶのピクルス(漬物)。

Photo by Christine Siracusa on Unsplash
Photo by Christine Siracusa on Unsplash

 ちょこっとアドバイス

痩せた土壌を好む性質があるため、
窒素の多い肥料を与えすぎると
花が咲かないことがある。
可愛がり過ぎるより、放置がいいらしい。

ナスタチウムは、メディカルハーブとしても有名。
ビタミンC、ミネラルが含まれ、風邪や貧血、肌荒れを防ぐ。
侮るなかれ、ハーブのチカラ。

スポンサードリンク

 季節で使い分け

春先や初秋の涼しい時期は、成長がゆっくり。その分しっかりとした辛みがある。
逆に、ぐんぐん伸びている時期は味が薄い。

暑さにさらされると辛みが強くなるので、
刺激の欲しい人は、
夏のナスタチウムを堪能してみましょう。

辛みが強すぎる場合は、ソテーや天ぷらがオススメ。
若葉は味が穏やかなので、サラダ向け。

 相性のよい食材

魚の網焼き、脂ののった豚肉など、
味の主張が強いものがオススメ。
クレソンやルッコラのように使える。

 扱いと保存方法

キッチンペーパーで包み、密閉容器で冷蔵庫の野菜室で保存。
4~5日で使い切ろう。
花は傷みやすいので、洗ったり触り過ぎないようにする。
茎を長めに残し、一輪挿しのように飾っておいてもよいが、
その日のうちに使い切ろう。

スポンサードリンク

 洗い方

花は傷むので洗わないようがよい。
葉は使う1~2時間前に洗っておく。
しばらく(数分ほど)水に浸して、水気をきる。
汚れがひどくなければ、ジャバジャバしないで、軽く揺らす程度で良い。

 生育環境

基本は日当たりの良い場所。
真夏は半日日陰。
涼しい場所を好む。

  -ひとり言まとめ-

子供には与えないでください。嫌われてしまいます。
野菜嫌いにならないよう、大人だけで楽しみましょう。

ナスタチウムはビタミンCが豊富。
さらにアミノ酸や抗酸化作用があるフラボノイドや、
カロテノイドも含まれている優れもの。

しかし、ガーデニングには人気があるのに、
ハーブとして店頭に並ぶのはあまり見かけないのは残念です。

日ごろの栄養不足が気になる方は、
キッチンハーブとして常備してみてはいかがでしょうか。