和風と洋風のコラボ。千代の一番で、たまごとシャキッとレタス炒め!

和風と洋風のコラボ。千代の一番で、たまごとシャキッとレタス炒め!

先日友人から、”千代の一番”という
”万能和風だし”を頂いたので、
さっそく使わせて頂きました!
添えられていた小さなレシピ本を見ると、
様々な料理に使えると書いてありました。

千代の一番だしパック
だしパックの中身を調味料として使えるなんて!

洋風とも合うって本当?!
そんな半信半疑で使ってみたら…。なんと。
初めてでここまで美味しく、スマートに味がまとまる。
身近な素材が優しさあふれる味わいに。

 材料

材料

レタス —– 気持ち多め。半玉くらい。
卵 —– 2個。3個でも何個でも。
ウィンナー —– 一本。何本でもいいけど、塩分を考えると1本がいいはずよ?
パセリ —– 少々。生でもドライでも。
オリーブ油 —– サラダ油でもOK。
千代の一番のお出し —– 小さじ1。
塩・コショウ —– 適量。

スポンサードリンク

 作り方

レタスはサッと洗って、しっかりと水気をきる。
大きめにちぎっておく。
ウインナーを切って、先にフライパンで炒める。
溶いた卵を流し込み、強火で手際よくまぜまぜ。
パセリ(生葉の場合はみじん切り)、塩・コショウ、そして千代のお出しを入れる。
レタスを入れたら余熱でまぜまぜ。

レタス炒め

 ちょこっとアドバイス

玉子焼きはマヨネーズを入れて焼くと色が鮮やかです。
レタスはご存知のとおり、火を入れすぎると水分はでるわ、
変色するわで、炒めるというよりも余熱で温めるほうがいいようです。
(あまりにもシンプルでアドバイスすることがない…。)

炒める

ついでに、ゴマピーも作ってみました。
ピーマンを切って、炒めて、塩・コショウ、千代の一番のお出しで味付け。
こんなにシンプルすぎていいのだろうか。

ピーマンごま油炒め
ピーマンごま油炒め。
おでん
おでんくん。おでんの素とブレンドで使わせてもらいました。

おでんも旨かった。
旨すぎる。

今回の和風と洋風のコラボ。
このお出し、本当に万能です。
普通の和風だし(かつおだしの素)は、
沖縄の家庭料理(チャンプルー)に欠かせないものですが、
万能お出しのようにはいきません。
濃ゆくて味が崩れてしまいます。
今回は味と素材の新しい発見を体験しました。

友人に感謝を申し上げます。

素朴な生活の中にある優しさ。助け合い。思いやり。
しっかり食べて、今日も健やかに!