甘いもの中毒は脳のせい?

甘いもの中毒は脳のせい?

Other

 過剰摂取に要注意

甘いものは脳を刺激するので、
ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。
太る原因は、食べ過ぎ。
習慣にならないように、気を付けたいところです。
なぜなら、体に悪影響を及ぼす可能性が大きいからです。

合成甘味料に限らず、
砂糖や果物に多い果糖を取りすぎると、
肝臓に蓄積され、高中性脂肪血症、
高尿酸血症を引き起こす可能性あります。

スポンサードリンク

高中性脂肪血症とは。

  • 血液がドロドロ
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞に影響

高尿酸血症とは。

  • 血液中に溶けている尿酸の濃度が7mg/dlを超えた状態
  • 放っておくと痛風になる

その他のリスク

  • 太りやすくなる
  • 集中力低下
  • 疲れやすくなる
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 虫歯の原因
  • 認知症

 甘いものは脳に良いか悪いか

Photo by Charles Deluvio on Unsplash
Photo by Charles Deluvio on Unsplash

甘い物(または大好物)を食べると、脳内で麻薬様物質がでまくり
前途で申し上げた通り、
幸福感、リラックスが得られます。
麻薬様物質は、脳内麻薬(のうないまやく)ともいい、
モルヒネなどの麻薬と似た作用を示す物質ですので、
よい影響と思えます。
が。
しかし。この脳内で麻薬様物質は分泌されるのはごく微量。
この快楽は一瞬で効果は薄れていくのです。
残念です。

スポンサードリンク

 甘い物には頼らない

ストレス発散で甘いものが食べたくなる。
食べると脳に良いなど、都合のいいように頼るのはやや危険です。

甘いものを食べると血糖値が上がります。
上がっている状態は幸福感でいっぱいです。
脳内はバラ色です。
体内では急速に血糖値が上がると下げる働きがあるため、
食べ終わると血糖値もさがり、
バラ色だった脳内は、色あせていきます。

これを激しく続けると脳内だけでなく、
体内では余分な糖質が分解されずに蓄積され、肥満に繋がります。
血糖値も上がったり下がったり、しまいには糖質依存症になり、
糖尿病、認知症、ガンなど様々な病気のリスクを背負うことなりかねません。

甘い話には裏があるように、
こんなに食べて大丈夫かなぁと立ち止まることが大切です。

スポンサードリンク

 甘いものは悪ではない

不足するとエネルギーの材料が不足するため、
だるさ、集中力低下など、
基礎代謝や自律神経のバランスが崩れやすくなります。
摂り過ぎても同様、だるさ、集中力低下になりますが、
不足しても同じ影響が出るところを考えると、
甘いものや炭水化物は重要な働きがあることがわかります。

「食べたいならしっかり動け、しっかり働け!」
友人によく言われる言葉です。
甘いものが好きな人は、
食べる分だけ背負うであろうリスクも
考えないといけない。
でも食べたい。
だから
動く。働く。
三時のオヤツをおいしく食べるために、
今日も一日、頑張ります!