実際に試したコンパニオンプランツ。-バジル+レタス系-

実際に試したコンパニオンプランツ。-バジル+レタス系-

育てるきほん

バジルは単独で植えても栽培しやすいハーブですが、
今回はコンパニオンプランツで育ててみると
どうなるだろう?ということで、
実際に試してみました。

 コンパニオンプランツとは

植物同士にも相性があり、
一緒に植えて育てることで特徴や性質で害虫を寄せ付けない、
育ちがよくなる効果が生まれます。

コン/プランツ_1リンクバナー

 栽培期間の沖縄の平均気温

2020年10月平均気温25.8度
2020年11月平均気温23.4度
2020年12月平均気温19.2度
2021年1月平均気温16.8度
2021年2月平均気温18.5度
2021年3月平均気温20.2度(2021/3/12現在)

開始したのは2020年の10月下旬~
2021年3月現在。

バジルとチンゲン菜

2020/10/06栽培スタート

本来はミントだけを植えていたプランターでした。
このバジルは前回植えた物の花が咲き、種が土に紛れていたようで、
気が付くと勝手に大きくなっていました。
バジルもミントもシソ科なので、
これではコンパニオンプランツにはなりません。
そこで、アブラナ科のチンゲン菜種を蒔いてみました。

チンゲン菜

チンゲン菜。すぐに芽がでました。

バジルとチンゲン菜

バジルが爆走中。チンゲン菜も頑張っています。

チンゲン菜

チンゲン菜ってこんなんだっけ?!

レタス系のタネもバラまいてみましたが、
チンゲン菜の葉っぱが日当たりをブロック。
残念ながら同じプランター内での
レタス系の栽培は失敗に終わりました…。

 別の鉢で植えたものを並べて見る
しかし、別のプランターにレタス系のタネを蒔いて
バジルの近くに置いて育ててみると、
ものすごい勢いでレタス系は成長。
違うプランターで植えていても、近くに置くだけで
バジルの葉っぱの”香り効果”があると思われます。

葉野菜

プランター同士、並べるだけでも効果あり?!

レタス系の収穫は焦らず、ゆっくりと。
まわりの葉っぱをちぎって、食べるだけを収穫します。
そのうち、成長はとまり、茎だけになったら収穫終了。
そうすることで、長期間収穫でき、
いつでも新鮮な野菜を食べ続けることができます。

 チンゲン菜を収穫後の第二弾

広がりながら成長してしまったチンゲン菜。
思っていた形ではなかったので、
日当たりが悪かったのかもしれません。
※例年にない日照不足による影響と思われます。
収穫時がよくわかりませんでしたが、
花が咲く前に収穫することに。
(少ない量だったので、みそ汁に入れて堪能)

バジル

バジルも収穫して、すっきりと新たにスタート

バジルとミント。そしてレタス系

今度はうまくいくだろうか?!

コンパニオンプランツ

それから一ヶ月後。うまくいきました!

速攻で、プランターの空いた場所にロケット、サラダレタスのタネをばらまきました。
どちらもアブラナ科です。
一ヶ月ほどで、プランターは満杯です。
そろそろ収穫時です。
バジル(シソ科)とレタス系(アブラナ科)は成功?!
虫も少なく、成長のスピードも程よいので相性はバッチリ。
日当たりさえ気を付けていれば問題なく栽培ができました。